忍者ブログ

ねえ、せめてこっちに顔を向けてよ。

いや、ほら、なんつーの?いろいろあるじゃん、この歳になると。ブログ?あーそうそう、コレね。うん。ブログだわ。まあ、そんな感じ。気分はすっかりジャンヌ・ダルク。さあいくわよみんな。ついてらっしゃい!!

October 23,2017

● [PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

↑   by at 00:16

May 20,2007

● どんとこい、渋谷原宿池袋



見てー。


はい見てー。


プロフィールのとこ見てー。

趣味のところね、なんて書いてある?
あのね、もしワタクシの目とあなたの目がが正常だったとしたらたぶんこう書いてあると思うんですよ。


誰がなんと言おうともお洒落。


もうね、確固たる確信がにじみ出てるんですよこの一文に。

調子にのっておじゃるとかも書いてあるんですよ。


あれ?


やっちゃった?
またやっちゃった?


この口。

長年付き合ってきたこの口。
また強がっちゃってる?
もっと弱いとこ見せてもいいよ?
そーゆーとこに意外とみんな惹かれるらしいよ。

つらいときも、悲しいときも、嬉しいときだって一緒にいた。
歯磨きだってした。
冬とかはリップだって塗った。
いつだってガムあげてる。
潤いをあげてる。

だからね、
お洒落とか、そんな簡単に言っちゃだめ。
たぶん結構厳しい世界。


渋谷?原宿?池袋?

いかねえいかねえ。
いけねえいけねえ。


たぶん結界とかはってあるんだと思う。
簡単には入れない。

友達がいるときだけはかろうじていける。

そんなときは、いつだったかお化け屋敷に入ったときのことを思い出す。

前の人のリュックをつかんで、目を閉じて進んだ淡い思い出。
音だけでも十分に泣きそうだったあの暗闇。
突然プシューって煙出てきて小さく上げた悲鳴。

いやー忘れてえ日光江戸村のお化け屋敷。

なんならその後、天ぷらうどんの汁をこぼしてしまったことも忘れてえ。


それに通じるところあるね。
渋谷原宿池袋。


もちろん友達にはそんなこと悟られないように、むしろウキウキだしーみたいなオーラ出しまくってるわけですけど、

はぐれたらたぶん家に帰れない。
それ以前に結界にやられる。
たぶん陰陽師の才能ない。


あそこにいるのみんな陰陽師らしい。
原宿で陰陽師の卵たちを育ててるらしい。
池袋はかなりレベル高いらしい。
あべのせーめーは渋谷で基礎を学んだらしい。
ぐったりしてる人は、酒に酔ってるんじゃなくて魑魅魍魎にやられたらしい。

 

さて、話かわっけど、


ユニクロ最高(さいこー)
ユニクロ万歳(ばんざーい)


無印良品の靴最高(さいこー)
無印良品の靴万歳(ばんざーい)

 

 

……あんま最高じゃねえ。

 


ぜんぜん万歳とかじゃねえ。


「あ、それユニクロー?」

って言われてから着てねえ。
靴にいたっては買ってねえ。


「ユニクロをさりげなく入れるのっていいよね」

って言ってる友達は完全に陰陽師スタイル。
完全に東京。
東京のお洒落。

やってられっか。

 


まず、店員とかにね、言いたいんだけど、


君は友達か!?
いつから友達だ?


試着とかいらねー。
値段なかなか言わないの怖えー。
裏があるの?
ねえあるの?


「あ、荷物持ちますよー」

とか、
ちゃんと返してくれる?
ねえちゃんと返してくれる?
いじわるとかしない?

もしかしてあれ?
好きな子にはいじわるしちゃうとかそのタイプ?
なら話早いよ。
付き合お。

 

その点ですね、

ユニクロはマジ個人戦。
自分の腕だけが頼り。
経験で乗り切る。

値段もね、もう¥1990とか¥990とかが多い。
異様に多い。
へたしたら¥500とかごろごろしてる。

そのへんファンタスティック。

軽くメルヘン。


そんなこんなで今日もユニクロに行きます。


クローゼットの中のユニクロたちを、ひそかに「二軍たち」と呼んでいます。

ファッションなんてしょせん自己満足。

満足さえ出来てない場合、どこへ向かえばいいのですか。

 

そんでもって家では基本、露出多い。


そろそろつかまんじゃねーかなーってびくびくしてる。
強制わいせつ罪ってのができてから、ずいぶん日本も住みづらくなってきてる。

でもほんとのところを言えば、つかまえに来た人が案外イケてて、そこから何らかのロマンスがあることを期待してる。

 

「動かないで!!ケーサツです。あなたを捕まえにきました。と、とりあえず服を着てください」

「駄目なのです。着れないのです。ワタクシは幼い頃、一日に四時間しか服を着てはいけない呪いをある魔女からかけられたのです」

「な、なんてことを。その魔女の名は?」

「………サリー」

「サ、サリー!?それに間違いは無いのですか?」

「はい。この名はいつまでも忘れられません。どうしたのですか」

「その魔女を、私も追っているのです。もう十年になります」

「そんな!!」

「あなたの逮捕はやめです」

「??」

「そしてよければ、私のパートナーになっていただけませんか。一緒にサリーを追いましょう」

「いいのですか?」

「あなたさえよければ。そして親の許可があれば機種変は出来ます。あ、これはあなたが未成年の場合に限ります。あなたの名はなんと言うのですか?」

「言えません。ここでは身分を隠しているのです」

「事情は聞きません。それでもいい。そして、そしてコレはあまりにも無謀でいえないのですが……」

「なんですか?言って下さい」

「あ、あなたには私の、じ、人生のパートナーにも、なっていただきたい」

「…………」

「…………」

「…………」

「い、いや忘れてください。何を言っているのでしょう私は。今のは忘れてください」

「いえ。忘れません」

「??」

「なぜなら私も同じことを思っているのですから」

「!!」

「これからよろしくお願いします。長く険しい道でも、二人で乗り切っていきましょう」

「あ、ありがとう。なんて美しい心を持った人なのでしょうあなたは」

                                ~END~

 

ぜってーある。
そろそろくる。
ロマンスばんざい。
ロマンスばんざい。

 

したらさー、
下着姿でボーっとしてたらさー、
窓の外からお隣のおばさんばっちし覗いてんの。


若いっていいわねー、ほっほっほーとかいってんの。

 



……そろそろね、

陰陽師になろうと思いました。

式神とかね、ばんばん使えるようになりたい。

 




っつーわけで、

どんとこい。

どんとこい、渋谷原宿池袋。

クロスカウンターでマットに沈めてやるよ。(そしてワタクシは真っ白の灰になる。たぶん)







66bc2a5a.gif ←押してくれると盛り上がります。それはもう、見苦しいほどに。

PR

お洋服大戦争(5戦4敗 負け越し)

↑   by ☆サリーレベル☆ at 22:55

一日一回のクリックで、もうバンザイものです。

光陰矢のごとし

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

日々、もの凄い早さで過ぎていきます。

ワタクシのこと知りたい?

HN:
☆サリーレベル☆
年齢:
1018
性別:
非公開
誕生日:
0999/06/30
職業:
教えない。だってあなた、ミステリアスって言葉、嫌いじゃないでしょう?
趣味:
お洒落。そう、誰になんと言われようともお洒落。いやおじゃる。
自己紹介:

ここはワタクシのお庭。非情にも流れ去っていく時間の合間、ほっと息をつけるところ。あなた、何かの縁でこうして出会えたのだから一緒に紅茶でも飲みましょう。いいアールグレイが入ったの。さあさあ、早いとこそこに座っちゃって。


男か女かなんて、意味のない探りはやめた方がいい。

なぜならワタクシはかたつむり。

どっちつかずのシーソーゲーム。

そんな危ないつり橋を、

あなたも渡りたくなったでしょう?

春夏秋冬 四季折々

あんた最近なに書いたのよー

花壇

いろいろやっちゃってー

これマジいらいらするわー

ねほりはほり

このブログの説明

ねえっていうか、もうっていうか、なんならヘーイっていうか。目の前を人がどんどん流れていくんですよ。そりゃあもう、どうしてそんなに急いでんのって。聞こえるのは無数の足音だけ。みんながみんな時計をチラチラ。まったくもうっ!なってないったらないわ!!みなさんゆとりを持ちなさい。ほらほらこんなに言っても誰一人として足を止めない。そりゃあわからないでもないですよ。可愛い娘さんが、かっこいい彼氏が、美味しいご飯が待っているのだものね。でもね、せめて、そうせめて。せめてこっちに顔を向けてよ!ワタシがこんなにも声を張り上げているのだから!!(しゃー言ってやったぜー)あ、あれ?顔・・・・・・、こっち向けない?ね、ねえ、こんなにも、だよ?さってとー、ワタシも家に帰ろっと。リンクとかとことんフリーなんでよろしくな。

リンク

カウンター

アクセス解析

RSS

忍者ブログ | [PR]


Powered by 忍者ブログ
Template Designed by miu_uim