忍者ブログ

ねえ、せめてこっちに顔を向けてよ。

いや、ほら、なんつーの?いろいろあるじゃん、この歳になると。ブログ?あーそうそう、コレね。うん。ブログだわ。まあ、そんな感じ。気分はすっかりジャンヌ・ダルク。さあいくわよみんな。ついてらっしゃい!!

September 24,2017

● [PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

↑   by at 19:32

September 12,2007

● 心理戦。

悟りとかね、そうそう開くかっての。
簡単に悟んなっての。


絶対一緒に悟ろうねって約束して、でも実はあいつ、陰では彼と悟ってたっていうあーそれぬけがけー、ほんともう絶交だからねー、みたいなことすんなっての。


まったく、
てんでなってない。

 

そんで、

 

悟った。


かるく悟った。

 

 

もうちょちょいのちょいでした。

 

ワタシの長年の悩み。

余裕で解決。

よゆーよゆー。
片手うちわ。

これ、そちに褒美をつかわす、とか言っちゃう。

 

 

で、

悩みっていうのがね、電車内のことなんだけど、


「あ、どうぞ座ってください」


ってやつ?


「いえいえ、私次の次で降りますから」
「いや、ワタシは次ですから、どうぞ」


ってやつよ。

 

うん当然。
わかってるわかってる、当然だよねー。
おじいちゃんおばあちゃんには親切にだよねー。
わかってるよー。

 

分かってるのに、今まであんまりやってなかった。

 

 

・・・・・・・・・・・・。

 

 

待って!
理由を聞いて!!
ワタシのもとを去るのはそれからでも遅くないでしょう!?

 

 

あのね、ことあるごとに思ってたんだけど、これってある意味駆け引きじゃあないかと。

いつもね、ワタシの隣の人がおばあちゃんに席譲った後、ワタシはこう思ってた。


ヒュー!こいつ、やっるー。
今時の若者も捨てたもんじゃないねー。やっさしー。
尊敬するわ。好きになりそう。
あれ?
こいつは席を譲って・・・優しい。
ワタシは・・・ほぼ同じポジションなのに、席を譲ってなくて・・・?
あ、あれ?
みんなー、わかってるよねー、タイミングの問題だってさー。
あ、あれ?
みんななにその目?なんでそんな目で見るの?
あ、おめー、なにその見下した感じ。俺は席譲ったのに、あんたは座ってるわけーって?
ち、違うよ。
みんな、信じて。ワタシを信じて。
ワタシだって、どれだけ席を譲ろうとしたか、分かるでしょう?
ワタシを見ないでーーー!!

 


ってね。
なるじゃん。
下手にゆずっと。
隣のやつマジ片身狭くなっちゃうじゃん。

 

 

それで今日、
目の前におばあちゃん。車内満員。


またこの悩みですよ。


あー譲りたい。
でも、今譲ったら、隣に座ってるボウヤがかつてのワタシのように劣等感を感じてしまう。
あーどうしたらいいのか・・・。


もう葛藤。
板ばさみ。
おばあちゃんとボウヤの板ばさみ。

 

んでね、結構考えてみたら、悟った。


おばあちゃんも席に座れて、ボウヤもニコニコ笑ってられる方法。

 

電車が駅に滑り込んで、止まったとき、
意を決してワタシは席を立った。
おばあちゃんには何も告げずに出口へ向かう人の波に沿って進んでいく。

 

これ完璧。
完璧な作戦。
多分、いまだかつてだれも気づいてない。

 

そう、
おばあちゃんはてっきりワタシが電車を降りると勘違い。
そのまま据わってほっと胸を撫で下ろしているでしょう。
ワタシはこのまま別の車両にでも移れば完璧・・・・・・

 


移れば・・・・・・あれ?

 


ちょ、人の波って、こんなに荒波だっけ?

あ、あのー、ワタシまだ降りませーん。

うわーおっさん超睨んでるー。

やめてーー。

 

 

結局いったんホームに下りました。

でもまあいいや、おばあちゃんは座れたんだし、ボウヤは何も気付いていないしね。
縁の下の力持ちってこういうことなのかー?

 


何つってニヤニヤしながら乗車待ちの列に並んで振り返ると。

 

 

 

いた。

 

 

おばあちゃんいた。

 

 

ちゃっかり電車降りてた。

 

 

ちょっと不思議そうな目で私のこと見てた。

 


一瞬目が合った。

 


縁の下ってどこだ?
今すぐ潜りたいんだけど。

 

 

 

 

 

 

えっと、
もといた席に、
ボウヤの隣に座るのに意外と勇気はいりませんでした。
ぼうやにはチラ見されました。

ガッテーム!!

 

 

今夜の出来は30点。
殴り書きです。

それではみなさん、
またらいしゅー(ワーワー)


←押してくれると盛り上がります。それはもう、見苦しいほどに。

PR

トレイントレイン

↑   by ☆サリーレベル☆ at 22:40

May 30,2007

● トレイントレイン





おっさんが寝てる。

 


左隣で、

 


おっさんが寝てる。

 


おっさんぐっすり。

 

 

若干もたれちゃってる。
左の肩かるく重め。
電車のブレーキのたびに重くなる。

 

かわすタイミングが見つからなかった。
殺気とかなかった。


やるなーおっさん(ケンジと命名)



でもね、そんなスキンシップいらねーから。

 

 


で、右隣はというと、


さっきから少女読書中。
メガネなんてかけちゃってすっかり文学少女。
ブックカバーはブラウンの皮。



すげーなこいつー、とか思いながら、
どんな本読んでんだー、とか思いながら。

 

こう、

ちらっとね、

見たわけ。

 


だって少女ひざの上に本置いてもうおっぴろげなんですもの。
そりゃー見ますよ。
むしろ見てあげますよ。

 

したらよー、

 

まずね、
飛び込んできたのが、アレなんですよ。


まあ、言ってしまえば、絵なんですけど、
内容がね、なんていうか、少女には合ってないっていうか、相性悪いっていうか、本来なら水と油っていうか、


絵がね、

えーと、まあズバッとね。

 

殿方と姫君が裸で絡み合ってるんです。

 

 

つまるところのエロ小説ってやつ?

 

 

はいでたー。

でましたよー。

エロ少女(さっちゃんと命名)
噂に聞いてたエロ少女。
メガネとかかけてんじゃねー。

電車でエロ本読むとか根性すげー。
ワタクシより数段上級者だわ。
かなり経験値つんでるわー。

 

その根性見習いてえよ。
いやいらねーよ。
いりませんそんな根性。
ごめんこうむります。
ここはひとつこうむっちゃいます。
ほんとキャッチセールスとか困っちゃう。




さっちゃんよ、たくましく育て。

 


いやー最近の少女マンガはやけにエロいと感じるところはあったけど、
まさか電車でエロ本を読むほどに少女たちをむしばんでるとは思いもよらなかったわ。
盲点だわ。

 

そんなこんなで電車は進み、下車駅が近づいてくる。


そんな時、
目の前に立ってたおっさん(トオルと命名)





どうしていきなりアキレス腱伸ばしてるのです?


何の準備運動なのです?
途中下車ですか?
ぶらりの世界を超えていくつもりですか?
そんなに気合入れて、ぶらりの壁を突破するつもりですか。
頑張ってください。
応援はしません。

 

 

そんでー、

突然、

テツヤがビクッーて起きた。
きょろきょろしてるテツヤと一瞬目が合った。
テツヤ少ない髪が乱れてた。


正直ね、ワタシのほうが数倍びっくりした。
数倍ビクーーーッてなってた。
テツヤむしろそれに驚いてたっぽい。

 

さっちゃんにチラ見された。

トオルは準備体操終わったっぽい。

 



逃げるように電車降りたよ。


振り返ると、トオル降りてねーの。
まだアキレス腱伸ばしてた。
かるく裏切られた気分。


空を見上げると、今にも雨が降りそうな、どんよりとした雲が広がってた。

 

 

 


電車は人生。



電車は浪漫。

そこにあるのは出会いと別れ。

 

そんな感じで「トレイントレイン」

 

 

 








あのねー、とにかく眠い。
ごめんとにかく眠いんだ。
こんな記事、あとで削除したくなるに決まってる。
このチャレンジ精神は褒めてください。

 

 

さって、これからジョジョでも読もっかなー。







66bc2a5a.gif ←押してくれると盛り上がります。それはもう、見苦しいほどに。

トレイントレイン

↑   by ☆サリーレベル☆ at 00:15

一日一回のクリックで、もうバンザイものです。

光陰矢のごとし

08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

日々、もの凄い早さで過ぎていきます。

ワタクシのこと知りたい?

HN:
☆サリーレベル☆
年齢:
1018
性別:
非公開
誕生日:
0999/06/30
職業:
教えない。だってあなた、ミステリアスって言葉、嫌いじゃないでしょう?
趣味:
お洒落。そう、誰になんと言われようともお洒落。いやおじゃる。
自己紹介:

ここはワタクシのお庭。非情にも流れ去っていく時間の合間、ほっと息をつけるところ。あなた、何かの縁でこうして出会えたのだから一緒に紅茶でも飲みましょう。いいアールグレイが入ったの。さあさあ、早いとこそこに座っちゃって。


男か女かなんて、意味のない探りはやめた方がいい。

なぜならワタクシはかたつむり。

どっちつかずのシーソーゲーム。

そんな危ないつり橋を、

あなたも渡りたくなったでしょう?

春夏秋冬 四季折々

あんた最近なに書いたのよー

花壇

いろいろやっちゃってー

これマジいらいらするわー

ねほりはほり

このブログの説明

ねえっていうか、もうっていうか、なんならヘーイっていうか。目の前を人がどんどん流れていくんですよ。そりゃあもう、どうしてそんなに急いでんのって。聞こえるのは無数の足音だけ。みんながみんな時計をチラチラ。まったくもうっ!なってないったらないわ!!みなさんゆとりを持ちなさい。ほらほらこんなに言っても誰一人として足を止めない。そりゃあわからないでもないですよ。可愛い娘さんが、かっこいい彼氏が、美味しいご飯が待っているのだものね。でもね、せめて、そうせめて。せめてこっちに顔を向けてよ!ワタシがこんなにも声を張り上げているのだから!!(しゃー言ってやったぜー)あ、あれ?顔・・・・・・、こっち向けない?ね、ねえ、こんなにも、だよ?さってとー、ワタシも家に帰ろっと。リンクとかとことんフリーなんでよろしくな。

リンク

カウンター

アクセス解析

RSS

忍者ブログ | [PR]


Powered by 忍者ブログ
Template Designed by miu_uim