忍者ブログ

ねえ、せめてこっちに顔を向けてよ。

いや、ほら、なんつーの?いろいろあるじゃん、この歳になると。ブログ?あーそうそう、コレね。うん。ブログだわ。まあ、そんな感じ。気分はすっかりジャンヌ・ダルク。さあいくわよみんな。ついてらっしゃい!!

July 21,2017

● [PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

↑   by at 03:31

August 23,2007

● イケメン


北京オリンピックに何らかの形で出場したいんだけど、多分世界中の猛者たちがそんなこと考えてるんだろうから、泣く泣く諦めました。昨日あたり。


でもって、もうオリンピック出場権を争うこともなくなったわけで、もちろんプレッシャーもなくなって、肩の荷が下りたっていうかなんていうか、トレーニングもそこそこに漫画喫茶に向かったんだけど、んまー快適。
はっきりいっちゃうと北京とかよりも数倍快適だと思う。


や、そりゃーね、北京だってアツイですよ。
激アツ。
ペキンダックとか。
激アツ。


でもね、そろそろ漫画喫茶あたりでオリンピックが開かれてもなんらおかしくはないと思うわけ。
それぐらいのポテンシャル秘めてる。
漫画喫茶。

とにかく、漫画喫茶でブログ更新だーって意気込んでいるわけだけど、
もうね、漫画読んじゃって読んじゃって。
なんか漫画家になりたい気さえしてきました。
初心忘れるべからずっつー言葉が胸に刺さりました。



で、今なんか考え込んじゃったんだけど、日常生活で面白いことあって、あっこれブログに使えるーっつー感覚が頭の中心に陣取ってて、果たしてそれはいいのだろうかと。
これちょーウケんだけどーとか友達と話してて、そのテンションのままこれちょーウケねー?っつースタンスでブログを更新するっていう、これは果たしてどうなんだろうかと。


どこで誰が見てんのか、ウケてんのかウケてないのかすらわからずにこんなことをやってて本当にワタシは楽しいんだろうかと。

 



やーごめんマジ楽しいから。




あなた達がどこで何をしてるかとか、恋人としっぽりしてるとか、学校帰りに汗かきながらお菓子食べてるとか、初めてのお泊りとか、ホテルから見える景色に花火がどーんつって、わーきれーとか言ってっと後ろからギュって抱きしめられてるとか、




ほんと全然興味無いから。
正直全然羨ましくないから。
そんなことしてる間にワタシは面白いことを見つけて、文章にして、せっせと更新してますから。(なんか、あーーー)



このブログ読んで一番楽しんでんのワタシだから。(あーーーもーーーー)



そこだけしっかり再確認なー。
オッケー、じゃ、しまってこーぜー(もーーすげーカラ元気)
お便りもしっかり待ってるぜー(ちゃっかり)
読み逃げとかほんと失礼に値するからなー(プレッシャーとかかけてみる)



じゃあ行くぞー。
せーの、
ファイ(オーー!)
ファイ(オーー!)
ファイ(オーーーーー!!!)









で、


男には、イケメンなやつと、イケメンじゃないやつがいるらしい。


イケメンっていうのはイケてるメンズってことで、べつにレディースだろうがボーイズだろうがガールズだろうがイケてる奴はいるのに、なぜかメンズだけイケメンと区別されて呼ばれている。


そして世間では、あっちでイケメンこっちでイケメン、
やれどこ高の誰々がイケメンだ、やれ新しい数学の先生はイケメンだと、大活躍なわけ。

 


そんなお得なイケメンだけど、残念ながら今のところどこからどこまでがイケメンなのかってのがはっきりしてない。
だから今日はね、ちょっとワタシが一肌脱いで、その辺の仕切りを作っちゃおうかなってね、思ったわけ。



あーわかってるわかってる、
そんなに声あげなくてもわかってるよ日本中の純粋無垢な少女達、ワカメちゃんたち。


あの人はどんなことがあってもイケメンよー!
私のカズ君は誰がなんて言ったってイケメンなんだから!
あたしの・・・・・・、
私の・・・・・・、



わかってるわかってる、その辺も考慮に入れて考えるから。
ワタシに任せてな。
大船に乗ったつもりで、
酔い止めとか必須で。

 

 


でな、つい最近女子友達と遊んだんだけど、
もー超暑いわけ。



友達とか軽く脱水症状起こしかけてんの。
汗とかすごくて、むしろそれを隠そうとすればするほど汗がわいてくるっつーか、



とにかく水だ水っつって水ガブ飲み。
自販機の前を占領いたしましてほんと他人の視線とかすげー気にしつつ、時にはちょい飲み。




「マジ回復したわー」




っつー友達にほっと安心し、じゃあどこ行くーとか言って。




数分後・・・・・・。




「サ、サリー?」

「ん?どしたー?」

「あのな、」

「うん」

「悪い。漏れそう」


友達は股間をさすりながらすげーもじもじしてました。
もじもじっつかー軽く地団駄踏んでた。
駄々こねる子供みたいになってた。


いやー、この歳になって日本記録更新の猛暑の中あんなにダッシュするとは思わなかった。
コンビニに入ったとき、汗だく。
友達はトイレに駆け込んで、ぎりぎりセーフ。


ワタシはトイレのドアの前で汗だく。
雑誌読んでる人とかのちら見がチクチクと刺さる。
ぎりぎりセ・・・、アウトー。





別に今日話したいのはそこじゃねえって。
はやとちんなよーもー。




【ここまでのあらすじ】
友達のおてんばっぷりに振り回されながら、知らぬ土地のコンビニまでやってきたワタシ。
トイレから出てきた友達はすこぶる快調になり、店内を物色し始める。
そしてレジを遠くに見つめ、一言。
「うわっ。超イケメン」

ワタシはいつまでも彼女のおてんばっぷりに振り回される。

 


「ねーなんか買っていこーよー」
「えー、別によくねー?」
「だってレジの人超イケメンだよー」
「マジかよー」




つってジュース持ってレジに並ぶわけ(また水分)
でさー順番待ちじゃん。
ちょっと覗いてみんのね、イケメンを。



「どうどう?」



つって聞かれてんだけど、
何なら肩とかすごい揺すられてんだけど、

 




あ、あの。
あれー?そうなのー?つって。





あのね、
別に悪くないよ?
多分ね、褒めれば伸びるタイプだと思う。
へんに癖がない分ね、成長もすごい早いと思うの。
先輩を抜いてレギュラーになるほどの力はないけど、自分達の代になれば主力になれるくらいの逸材だと思う。



たださ、イケメンかっつーと話は別。
イケメンじゃない。
断じて言うけどイケメンじゃない。


とっちかっつーと縄文。
むしろ北京。
北京原人。



まずね、
とりあえずあご引っ込めろって。
それぜってー意識して出してんだろって。
髪くし入れろって。
無造作もいいとこだって。



たとえばね、一般にイケメンといわれているね、もこみちとか、キムタクとか、そんな人たちと並んで北京が立ってたらもうビックリだよね。
浮きまくり、北京浮きまくり。
ほんと空気読めーって。
キムタクとかすげー苦笑いしちゃうから。
あのカメラ意識した苦笑い。


そんくらい北京だったわけ。


「おめー、イケメンって、あ、あのアゴ?」

「まー、アゴはね、しょうがないところあるじゃん」

「たしかになー」







いや、
しょーがなくねー。
イケメンってまず顔だろって。
しょっぱなアゴ諦めてどうすんだって。




別にね、イケメンじゃない人としてみればほんと普通なんですよ。
まあいい奴そうだなーみたいな。
それを下手にハードル上げるから。
どんまい、北京。

 


でさ、
ほんと空気読めてないんだけど、
友達がお金払ってるときにね、
一匹の蝉が、
ほんと、何を思っちゃったのか、どこでどう間違っちゃったのか、コンビニの中に入ってきたのよ。
入ってくるだけならよかったんだけどね、そいつ、そのまま北京の顔面めがけて突進。


「ウォッ」


小さく声をあげる北京。
蝉を手で追っ払いました。



その辺の男らしさはまあイケてた。



つーか蝉、何年も地下に潜って頑張ってて、やっと出てきたってのに、いったい何やってるわけ?
おめーほんと将来のこととか考えたほうがいいから。
話聞こうかー?つってのんきに考えてた。



まあそんなこんなで、友達は無事におつりを貰ってました。
北京ったら優しく手とか添えて、そのへんもイケてる。



でもね、
ワタシは知ってる。
むしろ知りたくなかった。



北京が蝉を手で払ったときにキラキラと空中が輝いていたことを。
そしてその後北京がさりげなくその手を制服で拭っていたことも。

 


小さい頃、蝉取りをよくやった。
なかなか捕まえられず、逃げられること数知れず。
そのたびにやつらはバラ撒いていった。
彼らの生きた証を。


 

結局、ジュースはキャンセルしました。


ゴメンナサイ、キャンセルしますっつったら、北京爽やかな笑顔でいいですよーつってた。


笑うと案外、イケてんじゃん。
頑張れよ。
早めに手洗えよ。
なー。

 







あーそうそう。
イケメンの線引きだけどさ、


なんつーんだろ。
ごめん。
そっちで勝手にやっちゃって。


キムタクとかでいいんじゃない?
手堅く。

 




あー、
もうこれ以上満喫にお金かけらんねーわー。

っつーわけで、お便り待ってまーす(ちゃっかり)
月一くらいで、自分で自分に出してまーす(うっかり)


じゃねー。



北京・おしっこ・サリーレベル
←押してくれると盛り上がります。それはもう、見苦しいほどに。

PR

嗚呼、今日という日は二度と戻ってこない・・・・・・らしい

↑   by ☆サリーレベル☆ at 03:04

August 17,2007

● 攻める。攻め込む。でもその前にちょっとだけ甘えたい、自分に。

あちー。

 

 

あちー。

 

 

あちーよー。

 

 

あーちーちーあーちー。

 


あ、今ヒロミがいた。
ヒロミゴウがいた。

 


・・・・・・。


どこだっつーの!!
あんたどこにいんだっつーの!!
人の部屋でなにアチチアチやってんだっての!!
乳首見せんなっつーの!!

 


なんてうっそー。
ひろみなんていないよー。
うっかりひっかかったでしょー?
ほんとうっかり八べえだなおめーら。
その辺が好きだぞー。

 

 

つーかまあ言わせてもらいますけど、


ほんとこの暑さどういうことー?
どんだけカップル成立してんだって。
おめーらはやく倦怠期入れって。
この暑さに少しは責任感じろってな。


もっとクールな関係たもっていこーぜー(ヨーッシ!)

 

 


でさー、
ユニクロ行ったわけ。

「ユニクロは案外使える」

っつーのが合言葉みたいな世界で生きてるワタクシですからね、全然ユニクロ行っちゃうわけですよ。
俗に言うユニる。
ユニっちゃう。


まあいろいろと物色しまして、レジに向かいます。
レジの人に、軽くチェック入れまして、これがまた皆さん美男美女なんだよ、無駄に。


まあまた物色しなおしまして、やっすーい肌着とか、生活感の溢れてるものは売り場に戻しまして、再トライ。

したらよ、
順調に進んで、
レジのやつ最後おつり渡すときにすげー手を握り締めてきてんの。


なに?
好きになってもいいの?
むしろ好きなの?
ワタシのことが?
両想いじゃん。


おめーらごめん。
温暖化に、また歯止めが効かなくなるっぽい。
ほんとごめん。
ワタシたち、うまくやっていきます!

 

 

 

 

 

店員「ありがとうございましたー」

 


・・・・・・こっちこそ、ありがとう。

ほんと、ありがとう小柳さん。
その名前、忘れない。

 

 


つーわけで、なかなか更新できないのはね、
わかるでしょ?

家を出ないの。
ずっと家にいんの。

そりゃあね、待ってるだけじゃあ何にも起きないよってみんなから言われてる。
自分から攻めなきゃって。

でも運命ってそんなものなのか?
待ってて、サプライズ的に訪れてこその運命じゃないのかって、思います。
つーか思いたい。

 

そうして今日もまたキングダムハーツ・マリオ・キングダムハーツのローテーション。

 

 

 


あっ、

なるほど。

 

攻めなきゃ、駄目だ。



←押してくれると盛り上がります。それはもう、見苦しいほどに。

嗚呼、今日という日は二度と戻ってこない・・・・・・らしい

↑   by ☆サリーレベル☆ at 01:33

August 11,2007

● 祭りの夜

夏祭り、ってあるじゃん。
太鼓とか鳴ってて。
踊り踊ってて。

あ、踊りっつってもゴーゴーとかじゃないよ?
ディスコじゃないよ?
ボンよボン。
ボンボンよ。
やぐら囲むあれよ。
囲むっつってもリンチとかじゃないよ。
ワタシ完全に暴力反対だから。
そんな危ない思想は今すぐ捨てたほうがいいって。
忠告は一度までだからね、気をつけな。

 

で、
そう夏祭り。
行った行った。
よゆーで行くっての。
全然行く。

ソロで行く。
ソロデビュー。
夏祭りソロデビュー。
ソロ夏。

 

ほんとにね、
何が悲しくて一人なんだって。

まわりカップルだらけ。
右も左もカップルばっか。
世界中のカップルが集まったんじゃないかってくらい。
ワタシのリサーチではこんなにカップルいないはずだったのに、いつのまにこんなに増えたんだって。

完全にアウェー。
応援だって相手より。
太鼓の音に若干とげがある。

 

でもね、逃げるわけには行かない。
だって今夜はたこ焼きでしのぐのだから。

 

そう。
買出し。

祭りに買出し。


みんなね、
浴衣だの甚平だのって気合入れてるわけ。
祭りだし。


そこにきて短パンジャージ。
サンダル。

 

 


完全に、アウェー。

 

 

 


つーかさー、
途中から雨降ってんの。


まあ買出し中だし並んでたけどさ、
突然の雨がね、土砂降りなわけ。


おいおい、おめーどーした?何があった?っつーくらいの土砂っぷり。

ほんと、
もうびしょびしょ。


くもの子を散らすようにカップルは帰っていきました。

水を滴らせながら、完全に勝った気になっていました。
そして店じまい。

たこ焼きだけの予定だったのが、から揚げが増え、焼き鳥が増え、焼きそばが増え、いつのまにか、なんかどっさりになってた。


家に帰ってびっしょびしょになりながら焼きそばすすった。
巨人戦見ながら。

少したってから、寒くなり、
あーこれやっぱ完全に負けだわって気付いた。
気付きたくなかった。


お祭りは好き。
お祭りに来るカップルは嫌い。
特に雨男雨女。


おかげでびっしょびしょだよ。
雨さえ降らなければ何かしらの出会いがあったのに。
そのまま一緒にたこ焼き食べることだってできたのに。
花火とか、肝試しとか、いろいろ・・・・・・。

ったく、
謝れよなー。
いい迷惑だっての。

自分の幸せしか考えないといつか足元すくわれっぞ。

 

そして、
焼き鳥の串でシーシーやりながらふと窓の外を見ると、
浴衣姿の男女があいあい傘。
でけー声で笑ってる。


とっさに隠れた自分が情けねえ。
はは、座ると星が綺麗に見えらぁ。

 

見えねえよ。
雨だよ。


バカ。
バーカ。

 

無意味にたこ焼きとから揚げと焼き鳥と焼きそばを全部食べた。

もうねー、
海に沈んでもいい。


とりあえずお祭りは行った。
あとは花火大会か。
夏といえばこの二つ。

あーめんどくさ。

でも頑張る。


頑張る前にLOST見る。
何ならワタシもLOSTしたい。
されたい。

じゃあそんな感じで。
またな。

 

 


真夏の夜・夕立・サリーレベル・プライスレス

←押してくれると盛り上がります。それはもう、見苦しいほどに。

嗚呼、今日という日は二度と戻ってこない・・・・・・らしい

↑   by ☆サリーレベル☆ at 11:37

August 02,2007

● 久しぶりすぎてpassを忘れてた。



 

ほんと、今木曜洋画劇場見てんだけど、
砂漠に飛行機不時着しちゃってるっぽいんだけど、
まあね、洋画劇場っつーくらいだからそんくらいのハプニングは必要。
結構大事。

ただね、そっから何人か死んじゃうんだけど、
その死に方がすげえの。

墜落最初の晩にね、まあ緊張したんだろーね、一人トイレに立ったわけ。



あーとか言って。
こけてんの。
ずっこけてんの。



そのままころころ転がってって、



「誰かーー!!助けてーー!!」

って。
走り回ってんの。



思わずおめーそれでいいのかってつっこみたくなった。

まずそんな飛行機から離れてねーだろって。
ちったー自分でまわり見ろって。
あせりすぎだっつーの。



スポーツやってた身としてはね、やっぱ平常心が大事だと思います。



そんな感じでこいつミイラ化してっから。



そして、新しい飛行機を作ろうって話になったんだけど、
ある日のその作業後、



「キンキンに冷えたカプチーノ」
「いやコーラだな」
「じゃあチーズたっぷりのハンバーガーは?」
「ダメだ」
「今はダイエット中」
「はっはっは」
「がっはっは」



焚き火を囲むバカ二人。
近くには燃料たっぷりのドラム缶。






ボーーン!!






もう何度でも言うけど、
おめーそれでいいと思ってんのか?







それよりも、
そんなことよりもね、

ずいぶんブログ書くの久しぶり。

おひさー。
元気ー?




更新なさ過ぎてもしや恋人できたんじゃねーとか勘ぐってる?

いやー、照れるわー。

ぜんぜんねーから。




ほんとどんまいな感じ。
出来たらすぐにブログに書いてるってのー。



更新しなくてごめんなさい。
って何で謝らせんだっての。
何も悪くねーって。
ぶっとばすよ。

あー久しぶりにこれ言ってすっきりしたー。

 


じゃーまた気が向いたときに書くわ。
首を長くして待ってな。






←押してくれると盛り上がります。それはもう、見苦しいほどに。

嗚呼、今日という日は二度と戻ってこない・・・・・・らしい

↑   by ☆サリーレベル☆ at 22:07

July 07,2007

● 七夕そのものよりも、このイベントで成立したカップルとかもしいたら、おめーらそれ棚ぼただぞって言ってやりたいけど意味がいまいち合ってないからぐっとこらえる。

 

そうそう、ここそういえばワタシのブログだったわ。
あぶなく忘れるとこだった。
いち読者に成り下がるところだったわー。
メンゴメンゴー。

 

みんな寂しかったー?
更新とか待ちぼうけしてたー?
何度もチェック入れちゃったー?
ごめんなさいねー。


さぁさー、みなさん待たせたねー。
久しぶりだからって遠慮せずにワタシの胸に飛び込んでいらっしゃいなんて言うと思ったら大間違いだから気をつけなー。
きっちりカウンター合わしていくから覚悟しとくことねー。
避けられなかったあなたにはレクチャーしてあげるけど、根性いっぞ。


ほんとねー、そろそろ自立しろっての。
いつまでもワタシに依存してっと社会から孤立するぞー。


なんて、飴と鞭を華麗に扱うワタシにあなたもうクラクラきてるんでしょう?
ドキドキもしちゃってるんでしょう?
はっきり言って全部お見通しだって。
恥ずかしがってないで言っちゃえって。
お、オッケーする・・・・・・かもよ。

ばかにしないで。
ワタシ、そんなにかるくないの。

 

 

で、気を取り直して、
一週間なにやってたかってきかれたって、驚くほどなにもやってないんですよ。
誕生日をまたいだからといって、そうそう甘い出会いなんて待ってないもので、まったくもってなにもナシ。
なしのつぶて。


電車のドアにはさまれたときも、
遅入りの梅雨に傘を忘れ、前髪べったり濡れたときも、
自転車がパンクしたときだってそれなりに条件としてはなかなかのものだったと思う。
軽い少女マンガだったら絶対出会ってる。ときめいてる。

ほんと、ドジだなー、とか言われたい。
実際は自分で「やべードジったー」くらいしか言ってない。
車両変更しなかった自分を褒めてあげたい。
抱きしめてあげたい。
むしろもう抱きしめた。

 

肩外れそうになった。

 

 

 

はー。
なんもなし。ナッシング。


あ、
ワタシ今、年金問題より宙に浮いてるかも。
誰かなんとかしてー。


つーかこれだけのハプニングが長い人生の中の一週間に凝縮されたことにびっくり。

 

 

そんなこんなで七夕なんですけど。


曇ってる。



やっべー。
正直こんなこと思いたくないんですけど。
心の中で誰かがザマーミロって言ってる。
織姫と彦星に、ザマーミロって。
いつもいつもそう物事はうまく運ばれねーぞって。
すげー上からね、先輩目線で考えてた。


そんでさ、
今夜はおめーもオンリーワンだなーとか言って、肩ポンポンとかしちゃって。
あっちもあっちでその気になって、ちょっと聞いてくださいよー、今夜一年ぶりだっつーのにあいつ川も渡れねーってどういうことですかー?あいつぜってー向こうで浮気してると思いません?こちは必死にこの一年バイト代貯めてたんすよーとかいって。
まあまあ飲め飲めー。今夜は夜通しおめーの話きいてやんよー。とかって。


まあ一晩を共に過ごすわけですから、なんらかの過ちもなきにしもあらずなわけで、朝になって「いや、ほんとごめん。そんなつもりじゃなかったんだけど」みたいなことから始まって、「一年ってなげー」とか、「遠くの親類より近くの他人みたいなことってあるじゃないっすかー」とか、しまいには「・・・・・・寂しい」とか泣き始めて、「ワタシなら一年中会えるよ」って決め台詞。

はい略奪成功。
ちょろいわー。
ほんとちょろちょろだわー。
よゆーよゆー。

 

 


いやね、
今空を見上げると見事に星出てんですよ。
晴れ。
快晴。
天晴れ天晴れ。
ほんといつの間にですよ。

 

そしたらね、
んまーあいつったら一目散。
半端ないクロールで川を渡ってったよ。
毎日毎日、この日のために訓練してたらしいよー。
ワタシ完全に置いてけぼり。
どんどん遠ざかっていくあいつの後姿、つーかバタ足強すぎてよく見えねえ。

 


ふん。
こんなメルヘン相手に嫉妬なんかしてる場合じゃねーっつーの。

なんてったって時代はもう平成ですから、恋愛に対して厳しかった時代はもうとうに過ぎ去ったわけですから、二股や三股の類の話なんてその辺にごろごろしてるわけですから、ワタシだってその程度の恋愛の一つや二つ・・・・・・。
ねえ。

 


ったくみんなどこをほっつき歩いてるのかねー。
ちゃんと目はついてるのー?
ちゃんと見たほうがいいよー。
結構待ってるからー。

 

 

土曜洋画劇場、なんかロマンスめいた始まりだったからかるく見てたら、シックスセンスだった。
こえー。
超こえー。


むしろすげー。
幽霊すげー。


いたるところにいる。
普通にいるっぽい。


見える見えないは別としてすげー。


普通にいればいいのに、隅っことかにいる。
ワタシが睨むにさ、多分邪魔にならないようにしてんだと思う。
結構こっちに気を遣ってる。

 

いすに座ってる幽霊とか、その上から座ろうとするともー大変だからね。
むこうも、えー座るんすかーとか、びっくりしちゃって。
こっちは見えてないわけだからもうどっしりいっちゃうよねー。
幽霊サイドとしてはほんと間一髪というか、危機一髪というか、もう横っ飛び。
でもって壁にぶつかると思いきやそこは透き通ってスルー。
その必死さ、生前に発揮しろ。

 

幽霊なんて、見えなくていい。
シックスセンス、いらないいらない。
笑っちゃうから。

 

 

 

 

 

あーあー、
あいつら今頃しっぽりしてっかなー。
クロールで力尽きてないかなー。
まったく、あいつらが熱々でワタシもなんだか嬉しいぞ。
ほんと自分がこんなにいい奴だってはじめて知ったわー。

 

 

 

モチベーションが、まだ上がりません。
上がりかけているような、気はします。
勘違いかもしれません。

 

 


そんなわけで、

織姫と彦星なんてクソッタレだー。

と、今夜はこんなもんで締めたいと思います。

 

 

つーかびっくり。
今頃になって怖くなってくるホラー映画ってほんとやっかいだわ。


今夜も、電気を付けて寝るけど変な気は起こさないことねー。






←押してくれると盛り上がります。それはもう、見苦しいほどに。

嗚呼、今日という日は二度と戻ってこない・・・・・・らしい

↑   by ☆サリーレベル☆ at 23:13

一日一回のクリックで、もうバンザイものです。

光陰矢のごとし

06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

日々、もの凄い早さで過ぎていきます。

ワタクシのこと知りたい?

HN:
☆サリーレベル☆
年齢:
1018
性別:
非公開
誕生日:
0999/06/30
職業:
教えない。だってあなた、ミステリアスって言葉、嫌いじゃないでしょう?
趣味:
お洒落。そう、誰になんと言われようともお洒落。いやおじゃる。
自己紹介:

ここはワタクシのお庭。非情にも流れ去っていく時間の合間、ほっと息をつけるところ。あなた、何かの縁でこうして出会えたのだから一緒に紅茶でも飲みましょう。いいアールグレイが入ったの。さあさあ、早いとこそこに座っちゃって。


男か女かなんて、意味のない探りはやめた方がいい。

なぜならワタクシはかたつむり。

どっちつかずのシーソーゲーム。

そんな危ないつり橋を、

あなたも渡りたくなったでしょう?

春夏秋冬 四季折々

あんた最近なに書いたのよー

花壇

いろいろやっちゃってー

これマジいらいらするわー

ねほりはほり

このブログの説明

ねえっていうか、もうっていうか、なんならヘーイっていうか。目の前を人がどんどん流れていくんですよ。そりゃあもう、どうしてそんなに急いでんのって。聞こえるのは無数の足音だけ。みんながみんな時計をチラチラ。まったくもうっ!なってないったらないわ!!みなさんゆとりを持ちなさい。ほらほらこんなに言っても誰一人として足を止めない。そりゃあわからないでもないですよ。可愛い娘さんが、かっこいい彼氏が、美味しいご飯が待っているのだものね。でもね、せめて、そうせめて。せめてこっちに顔を向けてよ!ワタシがこんなにも声を張り上げているのだから!!(しゃー言ってやったぜー)あ、あれ?顔・・・・・・、こっち向けない?ね、ねえ、こんなにも、だよ?さってとー、ワタシも家に帰ろっと。リンクとかとことんフリーなんでよろしくな。

リンク

カウンター

アクセス解析

RSS

忍者ブログ | [PR]


Powered by 忍者ブログ
Template Designed by miu_uim